ページ本文

ご注意ください:偽造キャッシュカードによる被害が発生しています。

偽造カードによる被害の発生について

 最近、四国中央市周辺で、スキミング(磁気データの盗用)と思われる手口によりキャッシュカードが偽造され、東京都内などで預金者の口座から不正に出金される被害が発生しています。
 被害者の方々に共通していることは、生年月日等から類推されやすい暗証番号を使用していたり、キャッシュカードを外出先で体から離していたということである模様です。
 キャッシュカードの暗証番号を生年月日や車のナンバーなどにしておくと犯罪者に類推されやすくなりますので、こうしたものを暗証番号に使用することはお避けください。
 また、銀行員や警察官等が暗証番号をお尋ねすることもありません。
 なお、暗証番号変更についてはお取引している金融機関にご相談ください。

 以下の金融庁ホームページにも、利用者が注意すべきことや金融機関の緊急連絡先を掲載していますのでご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader