ページ本文

ご注意ください:レターパック・宅配便を使った詐欺犯罪が増えています。

レターパックを使った詐欺未遂の発生について

 
今般、当局管内において、金融機関の職員や警察官などを装った複数の人物から「コンピューターウィルスの影響で預金が消滅する」との電話があり、巧みに現金を払い出させたうえで、現金をレターパックで郵送させようとする詐欺未遂が発生しています。
 
<事例>
 (1)銀行員を名乗る者から、銀行のコンピュターがウィルスに感染しており、預金が消滅する可能性があるため、預金を払い出した方がよい、との電話があった後に、警察官を名乗る者から、預金が消滅するケースが県内で発生しているため、預金は払い出しておいた方がよい、との電話が入る。
 (2)その後、先の銀行員を名乗る者の外、別の者からも預金を保証するので払い出した現金をレターパックで送るよう電話連絡が入る。
 
 全国的にもレターパックを利用して現金を送付させ、これをだまし取る詐欺事件が急増しており、今後、同様の事件が発生する可能性もありますのでご注意ください。
 レターパックで現金を送付した場合は郵便法違反ともなりますので、同様の電話があった場合には、取引金融機関あるいは最寄りの警察にご相談ください。
 なお、連絡先が不明の場合には、当局までご相談ください。
 

四国財務局 金融監督第一課
087-811-7780(代) 

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader