ページ本文

株式会社瀬戸内ファンドに対する検査結果について

平成27年4月24日
四国財務局
 

1.検査結果
 四国財務局長が株式会社瀬戸内ファンド(香川県高松市、代表取締役社長 池田 佳弘(いけだ よしひろ)、資本金2,400万円、常勤役職員3名、適格機関投資家等特例業務届出者。以下「当社」という。)を検査した結果、下記のとおり、当該適格機関投資家等特例業務届出者に係る問題が認められたので、本日、四国財務局長は、当社に対して検査結果の通知を行った。
 
2.事実関係
 当社は、自らを業務執行組合員とし、国内上場株式の取引等で運用を行うとする任意組合(以下「本件ファンド」という。)に係る持分の取得勧誘及び出資金の運用を行うとして、平成25年12月11日付けで適格機関投資家等特例業務に係る届出を行っている。
 なお、当社においては、平成27年2月中旬以降、本件ファンドにおける運営・管理等を一人で行っていた池田佳弘代表取締役社長(以下「池田社長」という。)の所在が不明となり、池田社長と連絡を取ることができない状況となっている。
 今回検査において、本件ファンドに係る当社の業務運営状況を検証したところ、以下の問題が認められた。 
 
〇 投資者保護上問題が認められる状況
 当社においては、池田社長の所在が不明となって以降、本件ファンドに係る契約書等の出資状況を記録した書類等がほとんど残っていないことから、本件ファンドに係る実際の出資状況の確認ができない状況にある。
 また、銀行口座に振り込まれた本件ファンドに係る出資金は、既に全額が出金されており、これ以外に現金で受け入れたとする本件ファンドに係る出資金も、当社においては入出金を記録した書類等が確認できず、出資金と見られる現金も残っていないことから、本件ファンドに係る運用資産の現状の確認ができない状況にある。
 さらに、当社においては、本件ファンドに係る資産の一部の運用実態について確認できたものの、これ以外に本件ファンドに係る資産を運用した記録が残っていないことから、本件ファンドに係る運用実態の確認ができない状況にある。  

 当社の上記の状況は、投資者保護上重大な問題があるものと認められる。 
 

本ページに関するお問い合わせ先

四国財務局証券取引等監視官部門 TEL:087-831-2131 (内線462)