ページ本文

第1回国有財産の有効活用に関する地方有識者会議[議事要旨]

1.日時

平成19年1月26日(金)午前10時00分から

2.場所

四国財務局 第2会議室(別館2階)

3.出席者

座長 岡林正文
構成メンバー 久保市郎 熊井幸秀 名渕薫 (敬称略)
財務局 秋山財務局長 三宅総務部長 中村管財部長ほか

4.議題

  1. 開催経緯・趣旨等について
     
  2. 国家公務員宿舎の移転・再配置方針
     
  3. 民間事業者等4社からのヒアリング

5.議事経過

事務局より、本地方有識者会議の開催経緯・趣旨等及び国家公務員宿舎の移転・再配置方針について説明があり、その後、民間事業者等4社から国有財産の有効活用に関するヒアリングを実施した。
 

構成メンバーからの主な意見は、以下のとおり。
 

  • 採算性や財政への貢献が第一義になるが、南海地震等への対応ということを考えると、危機管理という視点も重要である。
  • 廃止宿舎を全て売却するのではなく、危機管理対応を目的としたものとして、中心部に1ないし2か所公務員宿舎を集約してはどうか。
  • 歳出・歳入一体改革に向けた取組みは推進すべきと感じている。歳出・歳入一体改革の方針からすれば、売却収益を上げるため売却時期、1回当りの物 件数の多寡などの方策を検討してはどうか。また、稀少性が高く、売り出すと高値が想定される土地は、将来国が必要となっても買い戻すことはできないので、 定期借地による賃貸借を行ってはどうか。
  • 資産・債務改革の趣旨は理解できる。移転する公務員宿舎は、リースバックでの整備や証券化するスキームを検討してはどうか。
  • 高松の都市計画は「コンパクト・シティ」として、公共施設、公共交通機関の充実を図ろうとしている。公務員宿舎も街中での整備を検討してはどうか。


(以上)

本ページに関するお問い合わせ先

四国財務局 管財部管財総括第一課
TEL:087‐811‐7780(内線:410)
FAX:087‐823‐2013

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader